新型出生前診断の効果

新型出生前診断の効果

新型出生前診断の効果 ダウン症などがあるかどうかわかる新型出生前診断は採血だけで検査しその精度が99%である診断です。
一方で出生前診断のうち羊水検査は、感度(精度)がほぼ100%と高く確定診断に使われますが、子宮に針を刺すので約300人に1人の割合で流産の恐れがあり、また「超音波マーカー検査」は、採血と超音波検査だけですみ体への負担は軽いもののその精度は80から85%とあまり高くないのがデメリットとしてあります。
これらの事から高い精度で母体に負担がない効果的なものであると新型出生前診断は注目されています。
ただしこの診断を受けることが出来る対象者が決まっており、分娩予定日に35歳以上である高齢妊娠のケースやダウン症候群や18トリソミーや13トリソミーのお子さんを妊娠あるいは出産の経験があったり、胎児が染色体の変化をもつ可能性の上昇を指摘されている場合診断を受けることが可能になります。
この問題点は、診断予約が多すぎる為もし異常が見つかっても中絶に間に合わない場合がある為時間の余裕を持つことが重要になります。

確率高し!新型出生前診断で出産日までリラックス!

確率高し!新型出生前診断で出産日までリラックス! 新型出生前診断は、従来の出生前診断に比べて安全性がずっと高いということで注目を浴びています。
高齢出産が珍しくもない時代になりましたが、高齢出産の問題点のひとつとして挙げられるのが、染色体に異常を持つ赤ちゃんが生まれる確率が上がるということです。
新型出生前診断を受けるにはいくつかの制限がありますが、妊婦が35歳以上である場合は希望により検査することができます。
しかし、この検査は高確率で的中しますが100パ-セントの確定診断ではないということは覚えておいた方が良いでしょう。
診断を受けて陰性であることが分かったら、出産日まで安心して妊娠ライフを楽しむことができますが、このリラックスした妊娠生活はお腹の赤ちゃんに良い影響を与えるはずです。
賛否はさまざまに言われていますが、新型出生前診断を行うことで出産までの不安が激減することになるのならば、費用はかかっても受けることを視野に入れてみても良いのではないでしょうか。