ダウン症候群の確率

ダウン症候群の確率

ダウン症候群の確率 新型出生前診断を行うことでお腹の中の胎児に対する情報を得ることができるので、安全な出産をすることができます。もしその子がダウン症候群のような障害がある子だとしたら、そのリスクを管理しながら出産の準備を整えて行くことができます。
新型出生前診断には採血検査や超音波検査、羊水検査等があります。これにより胎児の病気や形態異常、染色体異常がわかります。費用は数万円から20万円ほどかかります。採血や少音波検査を行うことでダウン症であるかどうかがわかります。
母親の年齢別に見たダウン症候群が生まれるの確率は、20歳で0,07%で、30歳で0.1%、40歳では1.2%と高くなります。この病気は染色体異常の一つで、21番目の染色体は普通は2本なのですが、3本存在することで起きる病気です。筋肉の緊張度が低いので、大抵の場合は知的な部分で発達の遅れが見られます。このような子供のための医療や教育、生活等の面で支援制度があります。

ダウン症候群と診断される症状

ダウン症候群と診断される症状 新型出生前診断とは、妊娠した女性がお腹の中の赤ちゃんに異常がないか調べるために受ける検査のひとつです。血液検査だけで、赤ちゃんにダウン症候群などの染色体異常がないかを高い精度で判定できます。他に、超音波検査、羊水検査、絨毛検査などもあります。
ダウン症候群とは、染色体異常で体細胞の21番目の染色体が1本多く、合計3本持つことで起こる疾患をいいます。国内では新生児約1000人に対し1人の割合で見られる先天性の疾患です。出産女性の年齢が高くなるにつれ、ダウン症を発症する割合が高くなり、ダウン症の子供の数は年々増加傾向にあります。ですが、高齢出産でなくても可能性はあります。
新型出生前診断では、赤ちゃんの染色体の異常が検査できます。超音波検査、いわゆるエコーですが、こちらでは赤ちゃんの様子を確認し、ダウン症の症状も見ることができます。
症状としては、体が小さい、手足が短い、首の後ろにこぶがある、などです。
新型出生前診断は、簡単にできます。ですが、もし検査の結果が陽性だった場合どうするのか、など苦しい選択を短時間で決めなければなりません。診断前に、ご夫婦でしっかりと話し合い、果たして検査が必要なのか、最終的にどのような決断をするつもりなのかを十分に考えてから受けることをおすすめします。