初心者のための新型出生前診断情報サイト

胎児の染色体や遺伝子の異常を調べる新型出生前診断とは

胎児の染色体や遺伝子の異常を調べる新型出生前診断とは 新型出生前診断は、妊婦の血液を少量摂取し、その中に含まれるわずかな胎児由来のDNAで染色体を調べる方法です。
羊水検査とは異なり、お腹に針を刺す必要もないため流産のリスクも少なく、高確率で染色体の異常を知ることができるというメリットがあります。
胎児の染色体や遺伝子の異常を誕生前に知る方法には、体外受精した受精卵を調べる着床前診断や羊水検査、母体血清マーカー、超音波検査などの出生前診断があり、新型出生前診断は中でも精度が高く、99パーセントともいわれるほどです。
検査が受けられる時期はほかの検査よりも長く、微量のDNAを高速で分析できるようになったこともあり、専門知識が十分になくても検査を行えるという特徴があります。
ただ日本国内では十分なカウンセリングを伴わないと、混乱が生じる可能性があるため、遺伝に詳しい常勤医がいるなどの条件を満たす医療機関を認定しているので、受けられる医療機関は限られています。

新型出生前診断では母親の血液に含まれる胎児のDNAを検査する。

新型出生前診断では母親の血液に含まれる胎児のDNAを検査する。 新型出生前診断という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
出生前診断というと結果が不確定だったり、危険というイメージを持たれている女性の方もいらっしゃると思います。
しかし、北米やヨーロッパでは主流の新型出生前診断が日本でも始まり今やたくさんの妊婦さんが検査を受けています。
母親の手や足などからの採血だけで検査を行うことができ、その検査の精度も99%と高いのです。
今回は新型出生前診断のしくみについて深く掘り下げていきたいと思います。
妊婦さんの血液中に微量に含まれている赤ちゃんのDNAを検査・分析し結果を出します。
この検査はアメリカで開発がすすめられ、2011年に臨床での実施が始まりました。
ごくわずかのDNAを正確に、はやい速度で分析することが可能になったことから今では世界中で行われている検査です。
母親の採血だけで検査可能な診断なので、専門的な医療知識が不十分な医療機関などでも検査できます。
今後、新型出生前診断はますますメジャーになってゆくでしょう。